信州信濃町の地域情報を、のっこい(あたたかい)風にのせてお届けします

ホーム > とくダネ情報トップ > とくダネ情報 page_3

夏のとくトク情報

|山崎木管修理工房

あなたの楽器に再び息吹を!
奥にしまいこんだ楽器や、音の出にくくなった楽器を
今、よみがえらせましょう。

 春になり進級・進学・就職など生活に変化が出る季節になりました。 春になって吹奏楽やオーケストラ、楽器のお教室通いなどを新たの始めようとしている方もいらっしゃると思います。
新しく楽器を購入される方もいらっしゃると思いますが、ちょっとお待ちください!

ご両親が昔使っていた楽器や、ご自身が昔楽器をやっていて今は押入れの奥にしまい込んだままになっている楽器もあるのではないでしょうか。
 例えば、30年以上前にはフルートの一大ブームが起こって、嫁入り道具にフルートをというキャッチフレーズが生まれました。 それから数年後今度はチェッカーズというバンドが大人気になり、そのバンドの一人がテナーサックスを吹いていたので楽器店 からテナーサックスが消えたこともありました。
その楽器たちが押入れの奥深くにしまわれたままになっているかもしれません。

昔の楽器だから使えないということは全くありません。

押入れの奥から救出した楽器は、修理さえすれば立派に現役に戻ります。
※ちなみにこの写真のフルートは30年以上前に購入したもので、先日久しぶりに引っ張り出して調整して使っていますが、まったく問題はありません。
押入れの奥にあるな~と思っていらっしゃるのであれば、一度楽器を出してみてはいかかでしょうか。

楽器のメカニズムはここ何十年かは変わっていませんし、逆に木の楽器(クラリネット族・オーボエ、ファゴット族等)は昔の方が木の材質が良いのです。 ただ、押入れの奥から出した直後は音出しをしないで外の環境に慣らしてから演奏されることをお勧めします。

楽器ケースを開けた時、ケースの中に白い粉みたいなのがあれば、タンポが虫に食べられた後ですので修理屋さんに出して新しいタンポに交換してもらってください。 古い楽器でも新しく買った楽器でも、少しずつ(5分くらいから)吹き始めてくださいね。

 

 

修理のご依頼、お問い合わせはこちらから▼

 

山崎木管修理工房

所在地 : 〒389-1313 長野県上水内郡信濃町古間725-13

TEL :026-255-5337  平日 9:00~17:00

mail:yamazaki-mokkan@nifty.com

公式サイト http://yamazaki-mokkan.la.coocan.jp/